クロスィ(Crush)1集-Crush On You

クロスィ(Crush)1集-Crush On You
Release date
01 January 1970
クロスィ(Crush)1集-Crush On You
01 January 1970 |

Crush[Crush On You]
韓国アルエンビヒップホップの未来’New Generation’クロスィ
ダイナミック・デュオ、ジャイオンティ、リサングレイ、サイモン・ディ、パクジェボム、ヤン・ドングン、グレー。この強力なラインナップが新鋭プロデューサークロスィ(Crush)の音楽を選択した。特にブラック・ミュージックのオリジノルリティを守りながらも様々なジャンルのスペクトルと大衆性を装着したのは、多くのミュージシャンたちが彼を訪れた理由だ。何より若い感性をそのまま伝達することにおいて卓越する。うっかりしたかのように、とんと打って出た即興的な要素にディテールな感情表現が加えられた全天候ミュージシャンである。

初の正規アルバム’Crush On You’はクロスィのアイデンティティを明確に規定したアルバム。
ヒップホップ、アルエンビ、ネオソウル、ニュジェクスイングなど多様なブラックミュージックの正統性を基盤にすべての曲の作詞、作曲を担当したプロデューサークロスィの能力を集約させた音楽である。また収録曲ごとに多彩な編曲、あちこちに際し、驚くほどの音楽的装置とアイデアが隠れていて興味深い。11個のトラックの丈夫な構成にはゲコ、チェジャ、ジャイオンティ、パクジェボム、サイモン・ディ、進歩、バンド熊パークなどが客演陣に参加、クロスィの言葉に力を加えた。

まず、このアルバムの最も大きな特徴は’Old&New’というテーマに合わせて、いろんな時代の黒人音楽を同時に実装したという点だ。クラブでの危険な愛をタイトなスロージャムで表現したり(‘目が合った瞬間’)、90年代のマイアミサウンドを現代的感覚で再解釈するなど接点を見つけようとした。(‘A Little Bit’)また、ディスコ、ピビアルエンビ、ニュジェクスウィング、トゥステプ、アーバンアルエンビなどブラックミュージックの歴史を含んだ多様な音を聞かせてバンドとの協業、オーケストレーション作業などは聞いてみる楽しさを与えるのに十分だ。千篇一律的な愛から脱皮した歌詞も印象的だ。別れた恋人を思いながら’飯がまずくなる’と問題点を批判して(‘飯がまずくなる’)、夕焼けに染まった漢江を眺めながら夜空を賛美する叙情的な雰囲気を演出したりした。(‘Fridayだよ’)

特にゲコが参加したタイトル曲’Hug Me’とジャイオンティとのコルラボゴク’Hey Baby’はクロスィのアイデンティティを最もよく表した曲だ。’Hug Me’はクロスィ本人が自分のすべての音楽的力量を投じたと明らかにしただけに、最も旬で多彩な編曲が輝いている曲。’恋人が愛して擁するとき感じる全ての感情’をテーマにクロスィはやや攻撃的なボーカルを、ゲコはニュー(new)したフローをプレゼントした千変万化した編曲が曲のダイナミックな面白さを、タイトなグルーヴはこのアルバムの性格を最も濃厚に引き出すとすることができる。

‘Hey Baby’はクロスィが見せてくれた広いスペクトルで濃い風味を出すまた他の軸である。ビートボックス、重いドラムビートなどニュジェクスイングが持つジャンル的な特徴を柔軟に表現し、ジャイオンティとクロスィのボーカルは自由にその上を歩く感じを与える。原初的なソウルではなく、再解釈した90年代の音楽に新しい色を加えて、別の結果を導き出した試みが個性的だ。ブラック・ミュージックの様々なフレームを借りてきたが、このアルバムで注目に値する点はそのジャンル的な区分がない。形式を借りてきㅆウルジオンチョン、その中に埋もれない。むしろ新たな公式を提示しており、韓国からブラックミュージックをする方法自体を見せてくれている。ジャンル的な特徴を引き立てのはもちろん、多様なジャンルの接点を探すのに卓越したレベルである。それにクロスィのアイデンティティと大衆の間隙を独歩的な位置で解釈したので特別なデビューアルバム。ジャンルの音楽が持つ正統性と実験性、大衆を包容出来る叙情性を期待していたら、最適の音楽だ。やや煩雑であったデパート式構成になることもあった様子だが、基準をよく応用したため、結果はきれいだ。アルエンビヒップホップ音楽が韓国大衆音楽に浸透する過程で、また他の世代交代を意味するという点でクロスィのキャラクターは’ニュー・ジェネレーション’と称してくれる。若いアーティストが選択できる急進的な音楽、この音楽の中にあふれる血気、わいてくるアイデア、そして精製されたプロフェッショナリズムは調和し、愉快な感受性と音楽的な機転をプレゼントして出した。

21世紀韓国大衆音楽は明らかにブラック・ミュージックに支配されたとしても過言ではない。’牛追い唱法”韓国型ヒップホップ’など、正体不明の言語で包装された音楽が一連の過程を経てきたし、あとは、ある程度の大衆性の持分を確保したヒップホップジャンルが、その可能性を見せてくれている時代だ。ただし、多くの人が正統黒人音楽を標榜して出たが、彼らの真にジャンルの特性を理解して本質を探求した人を探しは簡単でなかった。この変化の過程で大衆とマニアを同時満足させる方法を提示したという点は、このアルバムが注目されなければならない理由でもある。一部には不慣れたり、全ての世代を包容しにくいことができる音楽かもしれない。しかし、最も旬ながらも拒否感なくブラック・ミュージックを韓国の情緒と結合させたのはこのアルバムが持つ独特な価値だ中途半端な若さはまた違う、新しい音楽を生む。それにジャンルの音楽ではなおさらである。ジャンルの正統性を継承しながらも変わった解釈が目立つ。短いですが、強烈な彼のディスコグラフィーが語るように、このアルバムも鮮やかな印象を残しするのに十分だ。もう一つの’ブランド’になるクロスィの新しい音楽に反する番だ。